2017年08月15日

Fallen

 昨晩『悪魔を憐れむ歌』という映画(これも観よう観ようと20年くらい観てなかった映画)を観たのだが、劇中流れるテーマソングは'Sympathy for the Devil'ではなく'Time Is on My Side'なのだ。

 これはちょっとした映画トリビア…なのか?

 オカルト映画で、ストーンズの曲が主題でもあるから邦題がこうドヤ顔っぽくなってしまったのだろうと想像はつく(原題は"Fallen"だし)。

 が「そもそも悪魔とストーンズを取り扱うなら原題も"Sympathy for the Devil"にして曲もソッチ使えよ!」と思ったのでした。

 "Fallen"といえば、最近練習してる曲にもそんなタイトルがあって、歌詞を見ながら展開をなぞるわけなんですが、長いし非常に中二by…カッコいいよね!

 あとは…わりと攻めてる系のナンバーがズラリなので、夏っぽくていい感じのプレイリストだなぁと改めて思いました。

 福田と愛知で話したのが2016年2月で…「まだ1年半!?」てなりました…。スゲぇ長く感じる。でも前回のスタジオから早1年はホントに早い。そんな不思議な相対性の中で、みんなに会える日を楽しみにしつつ(みんなに会えるかどうかは分からないが)、次の一手を検討しているのでした。



unvisible_man at 01:58コメント(0) この記事をクリップ!

2017年08月06日

エクスペリア

マイエクスペリアxperiaZ3が大破したので、xperiaXZsに転生しました。

ばんばんカメラ使わなきゃ損だ!

Z3は起動できないほどの大破なので、各種アプリの引き継ぎで、アカウント制御/クラウド管理が不十分なヤツは、もう無理だった。

LINEのことなんですけどね。



unvisible_man at 00:05コメント(0) この記事をクリップ!

2017年07月31日

けがれ

 Amazon プライムビデオで『カリギュラ』というオリジナル番組が配信されていて、個人的にはちょっとムカつく番組なのですが、そこで「東野幸治が狩猟(ハント)に参加する」コーナーがあって、実際に鹿を撃ち殺して解体するところを映像化していて。

 そこでハンターが「本来"死"は身近にあるものなのだが、現代社会ではそれを隠して見てみぬ振りしている」ということを言っていて、感銘を受けたのでした。

 穢れというか…もともと畏れられていた事物は多神教において、神々とされるものごとは、神格化することで知覚されていたのだけど、それすらケからの区別化であって、まして気付かないフリをして無関心であっては、ならないと。

 無関心であっても、日常に存在しない(存在するけど気付かない)から、忘れがちなのだけど、世界が様相を変え、それが顕現したとき、振舞い方すら分からないと、乗り越えることができない。

 たとえば、震災であったり身近な人を喪ったりした時。

 見えているもの、手の届くものに対して、素直でありたいなぁと思いました。

unvisible_man at 21:49コメント(0) この記事をクリップ!

2017年07月28日

修行

最近思うんですが、毎日修行だな、と。やっぱりそうだよね、と。

イイ気になるとすぐ痛い目を見るというか。痛い目を見る率が、自分の場合、一般より高い比率な気はしますが。他人は他人なので…。

それはさておき。

つまり、日々謙虚であるべきということは、ある意味それは、痛い目を見ないようにと、リスク回避でもあるわけですね。

なので、これから皆さん、謙虚な人を見たら「なんて独善的なヤツなんだ!」と思うことにしましょう。

いやいや。

修行をすることでレベルを上げてく、というより、修行をしといた方が酷い目に遭いヅラくなるだろうねと、そんな話でした。

unvisible_man at 03:27コメント(0) この記事をクリップ!

2017年05月27日

五月病


問題は先送りにして物語になる。

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)