2010年10月

2010年10月31日

さよならティンカー・ベル

早く寝ないといけないのですけど、少しだけ。


■ヒーロー

母子揃って野沢那智さん好きだったので放心状態でした。特に母親は人が死ぬことに対して物凄くセンシティブなので、そっちにも気を向けつつ。「刑事ナッシュ」が好きだったのです。ナッシュの相方役の青野武さん(まる子のおじいちゃん役の人です)も脳梗塞で療養中なのです。今年は声優さんがたくさん亡くなっていますので、心配です。

僕は小さいときからアニメを貪るように観ていたのですが、それは友達が近くにいなかったとか生来の性格とか由縁は諸々だと思います。
でもヒーローが闘ってる姿を今までずっと観てきました。

とっくに成人したというのに本当に気持ち悪い人間だと思います。

でもヒーローを演じていた人達、大御所と呼ばれる人達は年々失われています。皆々、いっぱいたくさん夢をくれました。何もなくてちっぽけな僕は「最後の最後はヒーローが勝つ!」というシーンに何度も何度も勇気付けられてきたんだと思います。幾度となく救われてきました。

リアルタイムのヒーロー作品を観ることは少なくなったんだけど、いまの小さい子どもたちにもきっとヒーローは勇気、今は爽快感カタルシスとしてしか感じれなくても、いつか勇気だと思えるモノを与えてくれているんだと思います。
そういう種が気付かぬ間に水を得て育っていって欲しい。

どんなコンプレックスだってアンテナの根になることをヒーローは教えてくれるのです。それは新しい一歩。

ヒーローはいなくなりません。空想だとしても人間の枠組みを超えた最後の一線にヒーローはいるのです。

そんなヒーローになってくれた多くの方々に今、改めて、救ってくれて本当にありがとうと伝えたいです。
そして現役のヒーローへの感謝と感謝を。

ありがとうございました。


いつも拙くて気持ち悪い文章でごめんなさい。

2010年10月30日

僕の大好きだった声優さん、野沢那智さんが亡くなったそうです。自分でも整理できません。
今日のダイハードは樋浦勉さんっぽいです。

いっぱいいっぱいかっこいい映画やアニメをありがとうございました。おつかれさまでした。

えっ今日8月91日じゃないんすか学園

8月ェ…

この忙しい時期にこのふざけたタイトル。
後ろから刺されないかな…。


■ご要望にお応えして





■天気悪いらしいですが

広島天気良いんですよ。今晩なんか星が見える。台風予想コース外れたからなー。
東海やら関東は直撃みたいじゃないですか。
何でか分かるよね!えっ?言わすつもり?

俺が広島にいて東日本まで構ってやれんかった!悪ぃ!
甲斐?甲斐は違うよ!関係ないよ!


■on drugs

昨晩おねんね薬飲んだ後に「あっもう今日飲んでた!」と思って悩んだあげくそのままにしたら朝ヤバかったです。延髄、脳幹の辺りが眠たかったもん。トリップ状態。用法用量守ってとは良く言ったもんだ。
どうでもいいんですが睡眠導入剤は短時間とか長時間とか超長時間とかそれだけじゃなくて、ややこしい。

今日の予定はナシにしました。
この年齢からおねんね薬は悲しいですよ、結構。


■「愛と平和と戦争と金その類は 何一つ変わらない」

※改めて書いておく
ここは僕が集めた「どんぐり」を並べて「こーかなーそれともあーかなー」とする場所っぽいです。
なので形にならないこともあるだろうし、形になったとしても僕の中で変形していくこともまたあるわけで、それは読んでるヒトが少ないから出来るのですが、あんまり気にしないで下さいね。
公開チラシの裏みたいなね。


「我々は今何をつくろうとしているのか」
あるヒトがある作品を作るとき言ってたこと。

今僕はやりたいこと作りたいものがたくさんあって、それらがほっこりするものであればいいなぁとは前に書きました。

で今日恐ろしく暇だったので色々聴いたり観たり思い出したりしながら考えていたんだけども、物作りって何でやるの?

作りたいから。

何で作りたいの?

衝動があるから、感動を与えたいから、ニーズがあるから、儲けたいから…エトセトラ。

やはり為手が作るんだけども受手も必然的に居るよね。為手の意思とは無関係に。

受手側を見てみると現在流行っていると言われているものは浅薄型コンテンツと呼ばれるものなんだよね。流行っていると言われている…売れているものかな。それが良いとか悪いとかではなく。


話それるけど先週の金曜のプライムニュースで「ネットバカ」(byニコラス・G・カー)について養老孟司とか色々言ってたんだけど、ゲスト側が司会に「じゃあネットは悪いんですね?」と何度も聞かれて皆呆れ返っていました。「そんなん言ったら活字本だって悪いわ!」ゆーとりました。


音楽業界でCD売れなくなったのは業界の怠慢が原因だ!お前らのせいで日本の音楽は中身が無くなった!とは言うけど、それは90年代後期にあれだけCDが売れてしまったからであって、その片棒を担いだのは言ってる本人でもある。

日本の「音楽」の中身は無くなってないよ!音楽業界は最初から中身ないっぽいよ!あと映画業界はえげつなさそうだよ!

浅薄型コンテンツ…surfaceと書くと上っ面なコンテンツ…って時代に伴って消えていくものだと思うのです。携帯ゲーム、スマートホンとかSNSとかだって斜陽になる。きっとモノはどんどん形を変えてどんどん浅薄になる。だのに権利利権関係が強化されていくからお金儲けたいヒトは結構スレスレなラインで闘ってる。たまにアウトになるヒトもいる。


じゃあ没頭型コンテンツ?と言われると多分それじゃ儲からない。軽くて便利なものには勝てません。

けども。
けども僕の好きな映像、好きな画、好きな本、好きな音楽って、いつ観ても読んでも聴いても「素敵だ!」と思う。
好きだからあたりまえなんですが。

しかし、いつでも、という時間に囚われない要因って何だろ。それらは決して産まれた時代に評価されたものばかりじゃないし、見向きもされていなかったりするんです。

高須のブログで「秋元康がホームランは中々難しいけど凡打は打てると言ってた」みたいなこと書いてあったけど、そういうのとは根本的に違う気がする。
売れる商品じゃなくてさ。

没頭…devoted…させたい!わけじゃあないんです。ただ、確かに好きなことをしていきたいんだけど、受手にほっこりしてもらいたい。
何度も、気が向いたらで良いからいつでも、足を運んでもらえるようなものを作ってみたい。

大義名分は二の次でいい。

マリオコレクションがめっちゃ売れたのは凄く嬉しかったです。もちろんネームバリューもあるんだけど。

とにかくそもそもコンテンツとか呼ばれるものを作りたくない。そんなんじゃない。

では一体何の話だったのでしょう?分かってくれる人がいたらいいや。そんなことを考えていました。

また青臭いこと書いたなーと保険。
今自分がやりたいと思ってることができたらいいんだけど。

今日スタジオに行けなかったのでプリプリしとるんよ。まったく。


■戻ったら

観たいある映画があります。観たら何かしら書きたいと思います。

2010年10月29日

だだんだん


むふ。


なんか主婦のブログみたく様相を呈してきましたね…。

生活にエロスが足りません。

なんか主婦のブログみたく様相を呈してきましたね…。

おやすみなさい。

2010年10月28日

Re-birth

近くの神社でお祭りやってる。こんな時期にやってたっけ?


■"Beats so lonely way"

さてさて。

11月5日は広島で最後の通院になると思います。戻っても治療は継続するし、完全復活という訳ではないけども、生活に自分を慣らしていかないといけない。

例えば4・5キロ走るくらいの体力は余裕であるのだけど、日々を暮らす体力というのはそれとは別だと思うのです。今の自分に足りない体力は後者なのですが、そういう意味でもそろそろ広島から出なければ時期を逸してしまいかねぬ。

「迷うな!行け!」

この数ヶ月…たくさん、本当にたくさんの勉強が出来ました。みなさんの頑張ってる姿を見せ付けて貰いました。
感謝という言葉以外にありません。


ありがとうございました。

僕は僕に別れを告げる。
僕は僕に色んなことを見せてくれた。

僕は僕に別れを告げる。
新しい僕は何を歌うだろう。

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)