2013年05月

2013年05月29日

近況/映画のこと

最近観た映画の話をします。

■『シュガーラッシュ』

元々ピクサー作品をそんなに鑑賞しているわけでは無かったのですが、喰わず嫌いということもあり、去年初めて『トイストーリー』を観たときに、
「あぁホントに映画を好きな人たちが作った作品なんだな」
と思いました。

その後『ウォーリー』などを観た後も、その認識は変わることはなかったのですが、
「いつかピクサー作品を劇場で観たい」
と思いつつ忘れつつで、遅ればせながら『シュガーラッシュ』を観た次第です。

『シュガーラッシュ』は、少なくとも自分の中では、萌えドコロの多い映画だったのですが、例えば予告編にもあるシーン、「ゲームの"悪役たち"が自身ら"憎まれ役"の悩みについてグループセラピーをしている」シーンは設定としてはオーソドックスではあるけれども、ひたすら萌えました。

その他にも、様々なゲームのキャラクターがインターナショナル(?)ターミナルで交流している風景にて、ブロック崩しのバーがキャッチボールしている描写とかも萌えました。

「ストII」キャラはザンギエフ、ベガ、リュウ、ケン、春麗、キャミィが確認できましたがブランカもいたそうです…気が付きませんでした。

この映画を観た人たちが、特に子どもたちが、自分に関わりのない人間や自分の嫌いな人間にも、自分と同じように悩みがありバックグラウンドがあるんだと気付くきっかけになればいいなと、観た後に思ったりしました。

楽しい映画です。



livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)