2014年03月

2014年03月31日

無題

2014-03-29-11-38-48
2014-03-29-11-39-09
2014-03-29-11-38-59



2014年03月18日

若きわたくしのお悩み

「くそーお金さえあればー!」モードに一度入るとかなりやばくて、それこそお金が泉のように湧きでるものなら(ハイパーインフレ)、すでに子ども小6やわーみたいに思う。

が、ここで何にお金を費やすか妄想するところで、個性というか、色々見えるものもあるんかなー。

人によっては自己研鑽とかあるんだろうけど…単純に労苦だと普段思っていることが、お金で解決したいことなのか。

いや一概には言えんけども。

大変大変…とか言いつつ広島に帰るんですけどね。楽しめるといいなぁ。

2014年03月12日

たより

突然にせよ、懐かしい人からメッセージが届いたときの、心の色みたいなものは誰しも同じな気がした※。

そしてこの時期、晴れのたそがれ時、西の空を見て感じる心象というのも同じな気がする。

自分以外の人間の気持ちなんて、分かりはしないのですが、そんなことを思うのです、暗いニュースが多いからか。


※と同時に、洒落た素振りも見せず、嫌味に聴こえず、ご無沙汰な人に報せを送ることの難しさを知る。躊躇すれば嫌味になるわけで…こういうのは、持って生まれたものだと逃げの結論をつけたりします。

私は今も元気です。

2014年03月11日

これから

自分の「これから」の話を少々。

ちょっと今日は大学いけなかったんだけど、インターネッツで確認した限り、判定は大学院修了。明日ちゃんと確認せねばなりません。

修論の内容はもう修正不可能なんだけど、プライベートな扱いでリライトして、研究室に保管したいと思っているところです。修論は自分との戦いが9割でした。

学部は12日に後期二次試験があります。僕はD進学しません。そして、広島に帰り住むことは、少なくとも当面の間はなさそうです。

とりわけ重い決意を持ったわけでもなくこっちに移り住んだのですが、本当に多くの、そして忘れることのない、様々な危機がありました。

だけど、それと同じくらいの幸運もあって、そういったことを大切にしていく積重ねが「これから」ということなんだと思っていて。



無題

・NHK特集(2014.03.10)

津波で家族を喪ったおじいさんが、震災を機に、13年間やめていたタバコを吸うようになったという。

カメラの前で応えるおじいさん曰く「寿命が少しでも短くなるように」タバコを吸っているらしい。

かつて家があった更地に毎日赴き、今日もまた復興が進まないことを確認し、仮設住宅に戻り、一服。

玄関にずっと掛けてある、孫のランドセルを毎日さわっているようだ。

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)